タンクの温度管理

街中で工事を行っているのをよく見かけ、大きな重機やトラックなどが運んだりしています。
とても重量のある建築材料を運んだりするので、運搬する機械なども重要になってくるでしょう。
建築の現場ではさまざまな道具や機械が活躍していますが、中でも大きいものを運んだり高いところに届けたりするときに良く利用されるのが「クレーン」です。
クレーンは建設業界でとても重要な役割を果たしており、技術の進化と共にクレーンもさまざまな発展をしていきいろいろな用途で使われるようになっているのです。

■活躍するクレーン
クレーンとは、荷物を吊り上げて目的の場所にもっていくものになり、機械の力を利用して人で運ぶことは出来ない大きくて重たいものを運んでいく重機になります。
多くのものは支柱があり、頭部が回転することにより物を移動させます。
他にも、支点がふたつあり、相互間を移動していくものやレール式のものなどたくさんの種類があり、それぞれの利用方法に沿った重機を使っています。

■いろいろあるクレーンの形式や種類
クレーンと一言で言っても、その形式や種類は様々です。
状況や現場などによって、5種類以上もの形式に分かれます。
最も一般的でよく見かける天井クレーンや、アンローダ、テルハなど、あまり聞き慣れないタイプの名称のクレーンもあります。
またこれらはクレーンを製造している各メーカーによって名称が異なるので、購入やレンタルを検討する場合は事前にどのような形式のものか確認しておく必要があります。

■クレーンには免許が必要
クレーンを運転したり操縦したりするには、運転するクレーンに合った免許が必要になってきます。
クレーンに関する免許は1種類ではありません。
大きくわけて5種類の免許に分かれます。
最も一般的なのが「クレーン運転士免許」です。
他にも「フォークリフト」や「玉掛け」など、工事現場や港湾などの現場で必要になってくる場面が多い種類もあります。
これらの免許は専門の学校や教習所などで取得することができます。

オススメリンク

飲料工場

さまざまな場所で

クレーンは作業所などに設置されているものから、トラッククレー…Read more
瓶に液体を注入

クレーンの価格は

超重量の荷物を運んだりするクレーンは、人間では出来ない作業を…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031